第3 重要事項を優先する

「逆算手帳」の使い方を見せてもらった!

更新日:

「ゆるい逆算手帳ランチ会」に参加しました。

逆算手帳ユーザーであるアンビーさんが、実際に使ってらっしゃる逆算手帳の実物を見せてくださり、使い方や、ユーザーコミュニティの雰囲気などをシェアして下さるランチ会に参加しました。

逆算手帳公式サイト

参加者は6名。主催者であるアンビーさんはもちろん、参加者皆さんが、今後のやりたいことや目標を持ち、そのためのツールとして逆算手帳に注目している方でした。手帳や目標管理の話はもちろん、プロジェクトマネジメントやワークライフバランスの話、育児や介護の話も出て・・・マインドマップを描こうと思ったのですが、今すぐはまとめられないな、むしろ1枚に集約してしまいたくないな、と思うほど、たくさんのものを頂きました。アンビーさんのGIVEに感謝。そして、参加者の皆さんとの出逢いに感激でした。

ウィッシュリスト100に挑戦

今使っている手帳があるので、すぐに「逆算手帳に変える!」とは決められず。でも、逆算手帳に入っている「ウィッシュリスト100」の用紙を頂きました。とにかく、やりたいことを100個書き出すというもの。無期限で考えると難しくなるよ、期限があるウィッシュが良いよと、アドバイス頂いたので「2020年3月31日までに実現したいこと」を書くことにしました。まずは15分でどれだけかけるかやってみました。

逆算手帳ウィッシュリスト100

15分で、31個書けました。

本を10冊書く。やりたいセミナーやイベントも色々。子供のこと、親のこと、体型や持ち物のこと、あれこれありますが・・・一番大事にしたいことは、2020年3月31日に私は「保育園児の母から、小学生の母になる準備をしたい」ということなのです。子供が小学生にあがるまでに、仕事による住居の制限から解放されて、その分代償となる経済的不安から脱却したい、のです。子供とのかかわり方について、自分がどういう状態であれば、自分が満足できるのか。そのイメージも固めたいなと思います。

「焦らずに」というメッセージも頂きました。はい、焦らずに、でも着実に、進みます。そのための、逆算手帳なんですね。ありがとうございました!!

今回の主催者さん:アンビー あなたの学びを応援します WEBSITEFB

 

その後のウィッシュリスト100

逆算手帳の使い方を学んでから、ウィッシュリスト100をフランクリンプランナーに挟んで、常に持ち歩いています。思いついたウィッシュを追加したり、叶ったウィッシュリストに○をつけたりしています。ちなみに、今日書き足したウィッシュは「子供達と一緒に、函館へ新幹線を見に行く」です。

ウィッシュリストを書くコツは、3つ。

・思いついたら、すぐに書き足すこと(忘れるから!)

・うらやましいな、と思うことがあったら、ウィッシュリストに入れる

・「書けば叶う」ウィッシュリスト、書かなきゃ損!と思う

ウィッシュリストを書くメリットは、3つ。

・自分が望んでいることを言語化できる。傾向が分かる。

・叶えたいことを、忘れないでいられる。

・叶えられた自分を褒めることができる。

紙で書くもよし、メモ系アプリに記入するもよし。

紛失せずに、時々見返すことができるなら、逆算手帳に限らず、何でもOKです!

-第3 重要事項を優先する

Copyright© 公務員コーチング , 2019 All Rights Reserved.