kindle出版

マインドマップで、kindle本のタイトルと表紙が見えてきた!

更新日:

たくさんのフィードバックありがとうございました!!

先日の記事(目次と骨子)にたくさんの感想や応援、フィードバック頂いて、本当にありがとうございました!!「出版楽しみにしてるよー!」という一言も、背中を押してくれますし、勇気が出ます。

頂いたフィードバックから「あ、ここ抜けていた・漏れていた」「こういう所が知りたい・困ったなのね、なるほど書き足そう」「そういう見方やとらえ方があるのねー!!」とたくさんの気づきがありました。抜け漏れを直したり、書き足したりするうちに、だんだんタイトルと表紙が見えてきました。

マインドマップ_20171104

表紙が、ふんわり閃いた。帯文字は皆さんの感想から。

表紙の図柄(→〇→)は、引越を象徴するなと閃きました。今のところ最有力候補です。帯にサブタイトルを入れます。サブタイトルは、皆さんのフィードバックから「引越に、前向きな人にも、後ろ向きな人にも役に立つ」「段取りとコツ」「抜け漏れ防止のチェックシートつき」「引越は2週間の旅行です」などを入れてみます。

私が引越本を書く意味

今日のマインドマップで整理できました。引越には「移動」と「転機」という2つの要素があります。私が引越本で書きたいことは、

(1)引越歴15回から→モノとヒトの「移動」をスムーズに。全体像をイメージする。

(2)キャリアコンサルタントとして→人生の「転機」に伴う引越の意味と生かし方。

nyaoさんが指摘して下さったように、私が書く引越本の特徴は、(2)にあるのでしょう。(1)だけなら、引越業者でもいいし、引越歴が多い人なら、誰でも書けます。インターネットにも情報がたくさん落ちています。私はキャリアコンサルタントなので、「転機」という要素を大切に考えています。「転機」を大事にするために、「移動」というプロセスを利用したり、省力化できればいいなと思っているのです。そこから派生して、「転機を作るために、引越しをする」という発想と行動をとったことがあるのです。

タイトルとターゲットも見えてきた

言葉のプロである、もここさんのタイトル案は「引越で人生を変える」。人生の転機を積極的に作りたい方に届きそうです。引越はしたくないイヤイヤさんにも届くかなと「引越は人生のターニングポイント」というタイトルも思い浮かびました。「引越は転機」「引越は人生の転機です」なども同じ意味ですね。私の場合は、表紙の図案は固定して、タイトルフレーズをいくつか作ってみて頂こうと思います。

皆さんのフィードバックで、大きな一歩を進めた手ごたえがあります。本当にありがとうございます!!引き続き、感想やアドバイス大歓迎です♪

マインドマップで人生を元気にする☆あびより。

 

 

-kindle出版

Copyright© 悔いのない人生をつくろう。 , 2019 All Rights Reserved.