仕事と家庭の両立

婦人之友の愛読者会:読書と調理実習

更新日:

婦人之友の愛読者の会「友の会」に参加

友の会とは、婦人之友社が発刊している雑誌「婦人之友」の愛読者の集まりです。私は、第二子出産後の2015年11月から参加しています。

友の会のテーマは、衣食住の家事・家計管理・子育て・社会貢献の4つが大きな柱です。集まりは「読書」と「実習」がメインです。読書や実習を通じて、それぞれ悩んでいることや考えていること、挑戦したいこと、実践してみた結果などを話し合ったり、シェアしたりします。有名な会員さん達は、テレビに出たり、出版したりされていますから、知っている方は、多いのかな?私が「友の会に参加しています」というと、「叔母が入ってる!」とか「昔入っていたわ」という反応が返ってくることが多いです。仕事をしている会員も出席できるようにと、土曜日の会もあるので、先日参加してきました。

今回の読書「寝る前の家」「起きたての家」


婦人之友の創立者である、羽仁もと子さんの著作を皆で読み、感想を聞きあうことから始まります。今回の読書は、羽仁もと子さんの「人生の朝の中に」から、エッセイ「寝る前の家」と「起きたての家」がテーマでした。エッセイに書かれていることは、こんなことです。

・子供が小さくても、前もって取り掛かりたい仕事の段取りをしておけば、子供が寝たらすぐに取り掛かれて、色々できることがある

・全ての物に、置き場所を決めておくと、片付く(迷子にさせない)

・寝る前に家の中や、台所を片づけておくと、次の日のスタートがうまくいく

・次の日に着るものや使うものは、前の日のうちに用意しておく

・1人1人が家事や支度など、担当のことをする

・午前中に一番大事なことを片づける

・明日を楽しみに眠る

全部「おっしゃる通り!」ということばかり。でも、これが難しいんだよね、という話から始まります。寝る前の家の”全体”を綺麗にしておくことは難しくても、テーブルの上だけとか、シンクの中だけとか、自分で決めた一部分だけ綺麗にすることから始めようかとか。最後に寝る家族にコップを片づけることを伝えようかな?とか。

読書を通じて、今の生活のあり方に気づいて、どこをどう変えたら、もっと気持ち良く暮らせるかな?と考えたり、話し合ったりします。

今回の読書を通じて、私が挑戦しようと思ったのは、

「次の日に着るものや使うものは、前の日のうちに用意しておく」です。

【現状】夜、風呂に入る前に、子供の下着をタンスから出す。翌朝、その日着る服をタンスから出す。(2回タンスから出す作業をしている、非効率的。)

【改善】夜、風呂に入る前に、下着と次の日に着る服をタンスから出す。

実際にやってみましたが、簡単にできるようになりました。作業が2回から1回に減ったのですから、むしろ楽になったくらいです。ほんの小さなことだけれど、朝の仕事が1つ減るのは、嬉しいです。服が出ていると、4歳の娘は、私が促さなくても、自分から着替えてくれることもあります。子供の服以外でも「子供の保育園の持ち物セットを前夜に済ませておく」「自分の次の日の服も何となく決めて、クローゼットの扉に掛けておく」ことが習慣化してきました。

調理実習「豚肉と玉ねぎの中華炒め」

婦人之友に載っているお料理レシピを実際に作ってみよう、という実習でした。婦人之友では牛肉の炒め物だったのですが、普段作りやすいように、豚肉に置き換えて調理です。

婦人之友の掲載レシピを調理中

婦人之友レシピ 豚肉と玉ねぎと長ネギ炒め

集まりの会場は、会員さんのお宅。台所を使わせて頂いて、参加者皆で調理します。家庭科の授業のように、ワイワイと、作業を分担するので、あっという間に完成します。今回は、豚肉、青ネギ、玉ねぎを、醤油味で炒めたお料理ができました。

 

婦人之友の愛読者会のすごいところ

調理実習がすごいのは、新しいレシピを覚えたり、調理法を覚えたりできることのほか、他のお宅の台所を見られるところです。食器や調味料の置き方、食材の切り方、洗い物の仕方まで、へぇーーーそんな方法があるんだ、こういうやり方は効率的でいいな、真似しよう!と思える発見が多いのです。

例えば今回お邪魔したお宅は、鉄のフライパンが艶々に手入れされていました。鉄のフライパンというと、錆びる、手入れが難しい、こびりつくイメージを持っていました。初めて、鉄のフライパンを使って調理を体験しましたが、お手入れが良いと、こびりつかないし、鉄分が摂れるし、良いことが多いなと感じました。料理をする場面は、テレビや動画で見ることができますが、調理の舞台裏は見ることができないもの。実習で学ぶことは、大きいです。

料理が終わったら、それぞれが持ち寄ったおにぎりと、差し入れのおかずやデザートで、豪華なビュッフェランチになりました。食べるのに夢中で、写真を取り損ねましたが、差し入れで登場したメニューは、

・大豆とレーズンの煮物

・ピーマンオムレツ

・五目豆

・ビスケットと生クリームのケーキ

でした。今回の材料費は割り勘で200円。土曜日の午前中、話して学んで、美味しいご飯を皆で食べて、大満足の土曜日でした。困ったのは、子供達が、集まりが終わっても、帰りたくなーーーーい!とごねたことぐらいです。子供達にとっても楽しい場なので、親子共々、次回を楽しみにしています。

-仕事と家庭の両立
-

Copyright© 悔いのない人生をつくろう。 , 2019 All Rights Reserved.