公務員 副業

公務員を辞めたいと悩むとき・・・リスクなくできる行動10選

2019年12月26日

情報サイト「セカンドゴング40代の転職」様にて、公務員からのキャリアチェンジについての体験談を、執筆させて頂きました。

公務員を辞めたい40代女性。転職するか悩んだ末にとった行動とは?

運営者のぽけご様は、ご自身の体験をもとに熱い思いで運営されています。情報量が多くて信頼できる記事にこだわっておられ、私は一執筆者としても、一ユーザーとしても、心から推薦します。掲載していただいた記事はこちら、私自身が公務員を辞めたいと考えたときにとった方法です。

公務員を辞めたい40代女性。転職するか悩んだ末にとった行動とは?

この記事のなかでご紹介した、公務員を辞めたいと思いながら、どう行動したら良いか悩む方におすすめの「リスクなくできる行動10選」について、詳しい解説をします。

閉鎖的で古い体質の職場がつらい。人事異動や転勤で、スキルも経験も積み上がらないことに焦る
長時間労働で、超過勤務手当もでない。でも生活費稼がねば・・・公務員だから転職も難しい

こんな悩みや不安を抱えていて、解決に向けて、なにか行動を起こしたいと思われる方に提案します。

リスクなくできる行動10選

  • (1)喜ばれた仕事と長く担当した業務を、思い出す
  • (2)不満に感じていることを、全て書き出す
  • (3)どうなりたいかを思い描く
  • (4)転職経験者の話を聞いてみる
  • (5)転職サイトに登録してみる
  • (6)公務員以外の交流をもつ
  • (7)必要な生活費を計算する
  • (8)金融リテラシーを高める
  • (9)新しい挑戦をする
  • (10)職場は変わらない、自分が変わるしかない

リスクなくできる行動10選を一つずつ説明します。

PART1 公務員としてのキャリアと、気持ちの棚卸し

「リスクなくできる行動10選」のうち、この3つは、キャリアと気持ちの棚卸しです。

(1)喜ばれた仕事と長く担当した業務を、思い出す

(2)不満に感じていることを、全て書き出す

(3)どうなりたいかを思い描く

 

公務員として喜ばれた仕事は?

あなたは、今まで公務員として、いろいろな業務を担当し、たくさんの人から感謝されてきたのです。まずは、そのことを思い出しましょう。「喜ばれたとき」「自分自身が嬉しかったとき」はいつでしたか?あなたがやり甲斐を感じ、仕事で大切にしてきたことが現れます。

いつも数字を丁寧に確認してくれるから、助かります

こういう台詞を言われる貴方は、正確さと丁寧な仕事ぶりで、皆の信頼を集めている方ですね。

 

システム関係は、君が一番詳しいから頼りにしてる

情報システム関係に強い方は、どんな業界でも重宝される人財。声をかけやすいタイプは、人付き合いも上手な方ですよね。

 

わかりやすく説明してくれたから、やっと理解できました

難しい事柄を、わかりやすく説明できる力は、とても高度なスキルです。相手の立場に立てる、プレゼンテーション能力の高い方ですね。

 

このように「自分では当たり前にしていることが、とても役立っている」のです。

公務員として一番長く担当した業務は?

今まで担当してきて、1番長かった業務は、あなたが最も精通している分野です。会計、許認可、福祉関係、窓口業務、どんなことでもあなたの強みです。公務員にしか通用しないわけではありません。

もしも、今後転職を考える場合、行政での経験は、民間企業でも充分強みになりますし、武器になります。例えば

自分の業務を回しながら、新人の指導を任されて大変だった

という経験はありませんか?部下指導や、後輩指導、新採用の職員に「仕事を教える」ということは、人材育成です。どんな業界でも、会社でも、必要なスキルです。大切な経験です。

もちろん転職しない場合も、自分の強み、頑張ってきたことを、振り返ることで、今後どういう分野で仕事をしたいか、自分の隠れた強みや実績を発見することになります。

 

PART2 公務員の外側の情報を集める

「リスクなくできる行動10選」のうち、この3つは「外側の情報を集める」ことです。

(4)転職経験者の話を聞いてみる

(5)転職サイトに登録してみる

(6)公務員以外の交流をもつ

 

公務員以外の交流をもつ

職場以外の人と、接点を持ち「へ~ほ~は~」と話を聞くことで、視野が広がります。

例えば、

学生時代の友人に連絡してみる

同窓会に出席してみる

ちょっと遠い親戚と話す

趣味が同じ人と話す

年代や、出身地が違う人と話す

オンラインサロンに入ってみる

ビジネス系YouTuberを見る

異業種交流会に参加する

とくに今後に役立ちますから「仕事」の情報を集めましょう。転職経験者に

なぜ転職したの?どうやって転職できたの?

をインタビューしましょう。友人や知人の転職経験談は、リアルに役立ちます。

転職サイトや転職エージェントに登録してみる

はじめは転職サイトに登録しましょう。

おすすめは

求人案件が多い転職サイト

登録者が多い転職サイト

です。

まず有名どころ2~3ヶ所登録しましょう。少し使ってみて

使いやすい、自分にあう

ところが一番です。

転職活動は、長期間でじっくり検討できることが大切です。「心身ともに限界!」となってから、あわてて転職先を探すのは、失敗のもと

実際に辞めるかどうかは別として、今のうちから登録して、情報収集や、手続きに慣れておきましょう。視点が変わりますし、もし転職するとしたらこういう仕事はどうかな?イメージできます。

 

お金の勉強をする

「リスクなくできる行動10選」のうち、この2つは、お金の勉強をです。

(7)必要な生活費を計算する

(8)金融リテラシーを高める

 

公務員を辞めたいと思い始めたら、最優先で取り組みたいのは、お金の勉強です。なぜなら・・・

我慢して公務員を続けている理由は「お金」が不安だから

誰しもお金の不安はゼロにはなりません。でも、お金の不安を軽くすることはできます

現在の生活費はいくら?
今後どれぐらい必要?
公務員を退職した後、社会保険はどうするか?

この3つに答えられますか?

これらを知るだけで、今後の生活費に見通しがつきます。まずは家計簿をつけて、現場把握から始めましょう。

いきなり家計簿は、ハードルが高いです。お得な制度をつかうことで、マネーリテラシーを上げるのがおすすめです。

マネーリテラシーを上げる例

格安SIMに変える

ふるさと納税をする

NISAやiDeCoで節税する

生命保険や、自動車保険の内容を見直す

電気会社を変える

これらを1つずつ積み重ねると、年間数十万円単位で、改善できます。

生活に必要な金額が、少なければ少ないほど、転職先を探すのも、簡単になります

 

まとめ 明日、少し晴れやかな気持ちで出勤するには?

「リスクなくできる行動10選」のうち、最後の2つです。

(9)新しい挑戦をする

(10)職場は変わらない、自分が変わるしかない

 

あなたが公務員を辞めたいと思う理由はなんでしょうか?理由は大きく2つに分かれます。外部要因と内部要因です。

外部要因外部要因とは、職場環境、人間関係、法令、あなた以外であなたを苦しめている原因です。

内部要因内部要因とは、自分自身の内面です。辛いと自覚していて、今後の希望が見出せない、進んでいない状況に感じる辛さです。

【例】外出先で、急に大雨が降ってきたとします。

傘は持っていません。雨に当たり、ずぶ濡れになってしまう状況は「つらい」ですよね。外部要因は「雨」です。雨を止めることはできません。

内部要因は、濡れて寒い「自分」です。雨宿りできる場所を探したり、傘が売っていそうなコンビニを探すことで「自分」の辛い状況を改善できる可能性が出てきます。

 

外部要因は、変えることはできません。職場の上司や、人事制度を変えることは不可能です。ですが内部要因は、自分で変えることができます。今回ご紹介した「リスクなく行動できる10選」は内部要因を変える方法です

お金の勉強から始めたいと思われた方は、こちらの記事を合わせてご覧ください。

かぞくのじかん vol.47 2019年春号
雑誌「かぞくのじかん」が、私の教科書

雑誌「かぞくのじかん」が私の教科書。子供との向き合い方、家事の省力化、時間の使い方、お金の使い方と貯め方など・・・かぞくのじかんを開く時間が、ほっとできる時間です。

続きを見る

【札幌友の会】家事家計講習会で発表しました(共働き・全文掲載)

家事家計講習会でお話ししたフルタイムで働く家計簿のリアルをお話した原稿を全て載せています。家計簿をつけて丸4年、家計簿の選びかた、紙、PC、アプリの比較をご紹介します。

続きを見る

 

転職サイトに登録したいと思われた方は、求人数や登録者数が多いこちらのサイトがお勧めです。

公務員を辞めたい方に

▼転職支援実績NO.1累計41万1,000名以上
リクルートエージェント

▼40年以上になる人材業界の老舗
アイデムスマートエージェント

▼あなたの市場価値を見いだす転職アプリ
ミイダス

行動すれば、視野が広がり、可能性が感じられ、明日のあなたの気持ちが、少し晴れやかになりますよ。辞めたいくらいに辛いと思い悩むなら、リスクなくできる行動を、どれか1つでも始めてみることをお勧めします。

-公務員, 副業
-,

Copyright© 公務員の働き方改革に関する講座とコーチング , 2020 All Rights Reserved.