仕事と家庭の両立

家事家計講習会の発表プラン

更新日:

「友の会」の家事家計講習会とは?

友の会」に入って、2年経ちました。

友の会とは、「婦人之友」や「かぞくのじかん」など婦人之友社の雑誌の愛読者の集まりで、

衣食住の家事や、家計管理、子育てについて向上を目指している場所です。

かぞくのじかん 2017年秋号

友の会は、毎年11月に、全国規模で家事家計講習会を多数開催しています。

私、そのうちの1回で、家計簿について発表することになりました。

 

発表の骨子をマインドマップに

今日、発表内容について、先輩達と打ち合わせしました。

全体テーマ、来場されるお客様のニーズ、

私が体験したことや伝えたいことなどをまとめました。

EPSON MFP image

夢をかなえるための家計簿

家計簿をつけるというと、節約・ケチ・義務のイメージでしょうか。

私は家計簿をつけ始めて、約2年経ちますが、今は家計簿が「楽しい」です。

気持ちが落ち着いて、安心して、挑戦も遊びもできるようになりました。

それは、友の会の家計簿や家計を考えるシステムがよくできているおかげです。

目先の価格や支出に一喜一憂しなくなりました。

 

また、今日聞いた先輩の言葉が印象的でした。

「お金は、夢をかなえる軍資金だからね!」

お金という限られた資源を、いつ、どこに、投入するのか?というゲームのようなもの。

例えば、「今あなたに、3000円と6時間をプレゼントします。好きなことをしてOK!」と言われたら、何をしたいですか?どうやって使いますか?

私なら、日帰り温泉でのんびり入浴&ランチ?

それとも、しばらく行けていない墓参りにも行きたいな。

ネイルサロンを体験するもよし、整体でリフレッシュするのもいいかも。。。

こんなことを考えたら、ワクワクしませんか?

 

家計簿をつけるということは、これに似た感覚です。

今年や人生というスパンで、使える額が見えてきて、

それを何に使おうか考える作業につながります。

教育費、住宅資金、老後の生活費…お金について、不安に思うことはたくさんあります。

でも、家計簿をつけると、自分は何を大切にして、何に使うか、主体的に考えられるようになります。

講習会では、家計簿をつけたら、人生楽しくなるよ!と、

伝えられたらいいなあと考えています。

===

最後まで読んで下さって、ありがとうございます。

今日も佳き日でありますように♪

マインドマップで人生を元気にする☆あびより。

 

 

-仕事と家庭の両立
-

Copyright© 副業や転職を考える公務員のためのコーチング , 2019 All Rights Reserved.