副業 電子書籍のノウハウ

電子書籍で印税収入をつくる!簡単3ステップ

更新日:

ライターではない素人が、費用ゼロで電子書籍をつくり、印税収入を得ています。目次→仲間→表紙の3ステップです。

電子書籍で印税を得るメリットとは?

あなたの言葉を、お金(=印税)に変えることができます。この記事では「デジタル文字情報を有料で販売すること」全般を、「電子書籍」として呼ぶことにします。

電子書籍のメリット

電子書籍は、ほぼゼロ円で作れる

販売・輸送コストも低いので、印税の割合が多い

紙の本をつくるには、紙代や印刷代、校正や編集、輸送など費用が最低でも数百万円かかります。それゆえ、商業出版であれば素人が参入するには高い壁があり、自費出版は多額の費用がかかり、印税をもらうどころか、自腹で持ち出しとなる可能性も高いです。電子書籍は、電気代と通信費だけで製作できるので、コストが低く、印税を得ることができます

 

電子書籍で印税を得るには、どんな種類があるの?

ボリュームが多ければ「本」として、ボリュームが少ないものは「有料記事」として販売します。たとえば、Amazonの電子書籍であるkindle、楽天の電子書籍は楽天cobo。ブログ形式の有料記事(noteやameblo)、有料PDFを販売するe-bookとして販売し、印税を得ることもできます。有料メルマガとして月額課金して印税を得ることもできます。電子書籍の売上-手数料と経費=収入(印税)です

 

印税のつくり方:かんたん3ステップ

step
1
目次をつくる

売れる電子書籍には、どちらかの要素が入っています。

問題解決できる(便利、できた、役に立った、分かった)
気持ちが動く(笑える、泣ける、美味しそう、癒される)

たとえば、有名料理ブロガーさんの記事には、「日常生活の面白い話」と「美味しいレシピ」の両方入っていますよね。話で気持ちが動かされ、レシピが便利で役に立つから、人気があり、売れるので、印税収入が増えます。

お料理上手じゃなくても大丈夫。電子書籍のために新たなネタを探すのではなく、自分の悩んだことや、日常生活のすべてが執筆のタネです。もし、とんでもなく不味い料理ができたら「ぐちゃぐちゃの失敗作写真」「絶対つくってはいけない禁断のレシピ」でダブルで笑いをとれるので、売り上げがあがり、印税につながるでしょう。

目次の組み立て方は「授業のノート」です。学校の授業を聞いて取ったノートを、友達に貸したら喜ばれますよね?授業の流れ、ポイント、教科書の参考部分などを、コンパクトにまとめるように作ると、分かりやすい記事が出来上がります。

step
2
仲間を集める

個人が電子書籍をつくるときは、出版社がつきません。出版社が入らないので、印税割合が増えます。

出版社の代わりに、企画・編集・構成・出版・販売促進に協力してくれる、仲間を集めます。仲間がいると、モチベーションがあがり、筆も進みますし、内容もブラッシュアップされます。仲間は、家族でも友達でもOKです。

仲間とリアルタイムで進行状況を共有できるように、原稿をクラウドファイルで書くことが、おススメです。グーグルドキュメントや、ワンドライブのオンラインワードも、無料で使いやすいです。

電子書籍の出版後も、仲間の存在が大事です。お互いにレビューを書きあったり、販売促進の情報交換をします。無名の著者が、電子書籍で印税収入を得るためには、仲間の存在が不可欠です。

step
3
書く


目次に沿って、書き足すだけです。100文字でも有料記事になります。便利なのは、スマホの音声入力です。書きたいことをバーーーーっと喋り、あとでPCやスマホで手直しすれば、あっという間に原稿完成です。

ポイント

表紙をつけると「商品」になります。私は、無料で色々なサイズのアイキャッチが作れる「canva」を活用しています。

電子書籍をどこで売るか

文字を有料で販売する場所は、2タイプあります。

ショッピングモール型

特徴:たくさんの人が来る、ファンとのコミュニケーション少ない。例:amazon、楽天

個人商店型

特徴:規模は小さいけれど、ファンとのコミュニケーションが濃い、距離が近い。例:ameblo、note

販売場所はとても重要です。数多くありますので、選び方をご紹介します。

販売場所の選び方

  • どんなお客様が集まっているか?(全体の人数、性別、年代、興味関心)
  • 決済方法は?(クレジットカードの種類、コンビニ払いの有無)
  • 初期費用と手数料は?(費用が少ないほど、印税が増える)
  • 読者とのコミュニケーションの必要性
あびこ
決められなかったら「友達がやっている方法を真似る!」のが正解です

友達がキンドルを出しているなら、キンドル。note使っているなら、noteで始めましょう。身近で印税を得ている人をまねしましょう。分からなければ、すぐに教えてもらえます。まずは「印税収入を得る」体験が大切なのです。

1つ出すことができれば、3つでも、10こでも、どんどん作り出せ、ぐんぐん上達します!

 

執筆のペース

2人の子供を育てながら、フルタイム勤務の傍ら、キンドルを執筆していたときのグラフです。33861字の電子書籍を完成させるのに、約2ヶ月かかりました。書くことに集中したのは、最後の1ヶ月です。1週間で集中して書き上げる友人もいます。書くのに時間はかかりますが、電子書籍が出来上がれば、半永久的に「印税」が入ります。執筆時間は、投資なのです

電子出版 執筆ペース

 

まとめ:電子書籍で印税収入をつくる

1冊の電子書籍が、死ぬまで印税を運んできてくれます。

出版冊数が増えるほど、売り上げが上がり、印税収入が増えます。

最初の1冊が一番大変。仲間と一緒に乗り越えましょう。

あびこ
無料相談で最初の1歩を踏み出しませんか?

執筆の素人ですが、Amazonのキンドルで2冊、BASEにて1冊を電子出版し、印税収入を得ています。電子書籍をつくるオンライングループを運営しており、仲間づくりのサポートをいたします。グループメンバーが続々と出版を果たし、印税収入の仲間入りを果たしています。

スマホやPCを使ったオンライン相談、全国からお申し込み可能です。平日9:00~16:00限定で、初回30分のご相談が無料です。希望日時等のお問い合わせは、こちらから、お送りください。

お問い合わせ

-副業, 電子書籍のノウハウ
-,

Copyright© 副業や転職を考える公務員のためのコーチング , 2019 All Rights Reserved.