公務員 転勤と引越ノウハウ

「引っ越しで人生を変える」番外編:ワイングラスの梱包方法

2017年12月26日

 

先日出版した「引っ越しで人生を変える」

本に掲載しなかった、荷造りのコツを番外編でご紹介します。

ワイングラスの荷作りです。

食器類のなかでも、一番割れやすいのがワイングラス。大切なプレゼントだったり、高価だったり、思い出の記念日を彩った記憶などもあるでしょうから、大切に運びたいものですよね。

ワイングラスの特に割れやすい部分は、持ち手(ステム)です。持ち手(ステム)の割れやすさは、カップとの段差があり、横からの圧力に弱いからです。なので、まずは持ち手を新聞紙などでぐるぐる巻きにして、カップ部分との高低差をなくします。新聞を細長く折りたたんだものを、グルグルしています。

DSCN7744 (2)

飲み口(リム)や底(プレート)も割れやすいので、小さい箱に、ワイングラスだけを詰めます。

DSCN7743 (2)

本当は、グラス全体を新聞紙やプチプチなどで包んでから、箱に入れますが、分かりやすいように、包む前の状態で写真を撮りました。

ワイングラスの荷造りポイントは、

「他の食器と一緒に詰め合わせて梱包しない」

「なるべく小さいピッタリサイズの箱に入れる」ことです。

箱は、段ボール箱やティッシュの箱などでもOKです。ワイングラス同志がぶつかって割れることも、最小限に防げます。食器のなかで、最も手間暇がかかるのが、ワイングラスです。

参考になれば嬉しいです♪

マインドマップで人生を元気にする☆あびより。

「公務員だから副業はムリだし…」と諦めていませんか?

残業代は削られ、昇給しても手取りは増えず、物価高で可処分所得はジリジリと減っていく。仕事は限界だけど、安泰な公務員の地位を手放すのはもったいない。でも老後も住宅ローンも払えるのか、漠然としたお金の不安がつきまとう。。。
実は、安泰な公務員には、唯一の弱点があります。それは「雇用保険がないこと」です。その理由と自衛策をお伝えするオンラインセミナーです。ご受講頂いた方に、可処分所得を12万円増やせる動画教材もプレゼントしています。
 

\下記アイコンをクリックすると、1分後にオンラインセミナーをご視聴頂けます/

「雇用保険で守られない公務員が自分の救命胴衣をつくるための『パッシブ・インカム』法」

-公務員, 転勤と引越ノウハウ