公務員 副業

所得税の確定申告書できた!医療費控除・ふるさと納税・投資信託の備忘録

更新日:

毎年1月の恒例行事、所得税の確定申告書づくり

我が家は、家族全員の医療費領収書を集めて、私の名義で還付申告しています。医療費には、病院代のほか、通院のための交通費、整体代、ドラッグストアで買った医薬品なども含まれるので、家族4人分を合わせると、ここ5年連続で10万円超えていて、例年還付申告しています。1月になると、「医療費集計始めなくちゃ・・・」と思い始めます。

2018年から医療費集計フォームの仕様が変更になって、医療機関ごとに合算入力できたり、交通費が1行まとめで良くなったので、昨年に比べて5分の1程度の入力行で済みました。レシート原本も提出不要になりました。嬉しいなぁ。

医療費がどれだけかかっているか、誰がどんな医療を受けたのか、全体像を把握できるのも、この作業があるから。面倒だけど、重要な作業。

2017年に挑戦したこと、投資信託とふるさと納税

2017年の前半「お金の勉強」をテーマにしていました。その一環でチャレンジしたのが、ドルコスト平均法。勝間和代さんの「お金は銀行に預けるな」をテキストに、ネット証券で口座開設して、国内外の投資信託を毎月一定額積立始めたのです。

確定申告をするにあたって、利子所得の申告が必要かを調べましたが、私の場合、不要と分かりました。損益通算も、外国口座も該当しなかったのです。

次に、去年初めて挑戦した、ふるさと納税の確定申告。医療費控除で確定申告することが分かっていたので、ワンストップ特例は使いませんでした。予想以上に簡単で、国税庁の確定申告画面で、寄付先を入力するだけで済みました。寄付先を選び、都道府県名を選ぶと、市町村がプルダウンで選べるので、自治体の住所などは入力しなくて済みます。私はふるさと納税の寄付先が5件でしたが、数分で完了しました。

手順をおさらいすると、確定申告の画面に沿って、

(1)医療費集計フォームに入力

(2)ふるさと納税の寄付先入力

(3)源泉徴収票入力

(4)印刷、添付書類揃えて、押印&確認

(5)提出

でした。

201802072

面倒なのは、入力よりも、制度や用語を知ること

今回、確定申告で初めて挑戦することがいくつかありました。時間がかかるのは、入力そのものよりも、制度を知って、専門用語を理解することでした。

利子所得って何?

ビットコインは雑所得?

電子交付証明書じゃ使えない?

ワンストップ特例使わない時は、どうやって申告するの?

扶養親族のマイナンバー証明書は必要なの?

分からない→ググる→やっぱり分からない→ググる→あちこちサイト巡る→本来調べていたことから脱線する→子供が寄ってきて中断→調べていたテーマそのものを忘れる→後で思い出す→分からない→ググる(はじめに戻る)の繰り返し!!(笑)

いざ、解決しなくちゃならない問題にぶち当たらないと、理解しようとも思わないことばかり。言ったり戻ったりしながら、知識や経験が増えていくのかなー。金融リテラシーが乏しい私だけど、情報弱者から少し成長したかなーなんて、思いながら、作業していました。

最後に、扶養親族のマイナンバーを記入する欄はあるけれど、マイナンバーの証明書類は、申告者本人だけでOKですってよー。

20180207

最後まで読んで下さって、ありがとうございます。今日も佳き日でありますように♪

マインドマップで人生を元気にする☆あびより。

 

===kindleで出版しました===

◆引っ越し前の方には、こちら。
引っ越しのスケジュール作り、効率よく進める段取りやコツが満載です。
引っ越しによって、人生を変える転機を作るキャリアチェンジ法についても書きました。

◆引っ越し後の方には、こちら。
引っ越しした後、新天地で対人関係をゼロから作る方法について書きました。
対人関係で疲れたときの対処法、対人関係をたたむ方法も好評です。

-公務員, 副業

Copyright© 悔いのない人生をつくろう。 , 2019 All Rights Reserved.