副業

経済オンチの公務員が、投資を始めた話

更新日:

1 私が投資を始めた理由

昔は「投資なんて、ごく一部の富裕層がすることなんだろうなあ」と思っていました。でも、昇給も賞与も、予想がついてしまう公務員。教育費や老後の資金を考えると、元本保証の定期預金じゃ不安だなと思って、投資について調べ始めたのが2年前の2016年。全くの初心者で、面倒くさがりで、お金を使うのが大好きな私でも、続けられた方法。全くの初心者でも、利回り1~2%で殖やすことができています。失敗もしましたし、損もしたので、アチャーーという話も含めて、ノウハウを紹介します。
投資を始めるにあたって、はじめに必要なのは

(1)どこで投資するか
(2)なにに投資するか

      • この2つの情報です。

2 どこで投資するか:証券会社の選び方

結論から言うと「オンライン証券会社」です。店舗をもつ証券会社は手数料が高いので、NGです。私は、マネックス証券・SBI証券・楽天証券に口座を作りました。オンライン証券会社の選びかたのポイントは一つ。「お金の出し入れがしやすい」これだけです。

 

オンライン証券に軍資金を入れたり、下ろしたりするときは、リアル店舗のある口座から、出入金します。毎回振込みをすると、手間隙も手数料もかかるので、オンライン証券とリアル口座で、自動出入金システムがあります。

たとえば、私はゆうちょ銀行を給与振込み口座に指定しています。マネックス証券・SBI証券・楽天証券どれも、ゆうちょ銀行と自動出入金システムがあるから選びました。スマホ・タブレット・PCなどネット端末と環境があれば、どこでも24時間出入金が無料でできるのです。ご自分のメインバンクと、手数料なしで自動出入金ができるオンライン証券を選ぶのがオススメです。

 

わたしの失敗談

店舗を持たないオンライン銀行やオンライン証券は、人件費も店舗維持費もかからないので、利息が高かったり、手数料が安かったり、利用者に得です。ただ、初めてオンライン金融機関を使うときは、怖いんですよね。通帳もないし、店員さんもいないし。

私は、初めて投資信託を買おうと思って、老舗で一等地に店舗のあるM証券会社に行きました。待合室は立派なソファーだし、お茶も飲み放題サービスだし、接客は丁寧だし、とても気持ちがいい空間でした。店員さんに相談もできるのですが、店員さんも「これがオススメですよ!」とは言えないので、私が儲かる方法を教えてくれる訳ではありませんでした。A商品は、メリットは・・・デメリットは・・・です。B商品はメリットは・・・デメリットは・・・・です。どっちが値上がりしますかと聞いても、答えてはくれないわけです。

店頭でいくつかの投資商品を買いました。後に、オンライン証券で買った投資信託と比べると、店頭で買った投資信託の手数料が高いことにビックリしました!!!ふかふかソファー代、飲み放題のお茶代、丁寧な接客代は、この「手数料」から作られているんだなーと思いました。そこで、店舗をもつM証券会社とはサヨナラを決意し、商品を全て売り、口座を解約しました。解約手数料もかかりましたが、この先何十年、投資を続けることを思うと、莫大な手数料なんて支払えない!と見切りをつけました。

オンライン銀行も、オンライン証券も、最初は怖かったです。でも、100円とか1000円から始めれば徐々に使い方にも慣れます。慣れてしまうと、金融機関の店舗に行かず、自宅で24時間操作できることの快適さが最高です。記入が必要な通帳なんて要りません。ATMに並ぶ行列からも開放され、時間が生まれました。

オンライン証券も浮き沈みがあるでしょうから、万が一のことを考えて、複数の口座を開設して、分散して資産運用しています。オンライン証券よりも、リアル店舗をもつ金融機関も、オンライン証券以上に、浮き沈みがありますよね。オンライン証券だから危ないというより、どの金融機関もサバイバルな時代だと考えました。

楽天証券が、楽天カードで投資信託を買うと、ポイントが貯まり、ポイントで再投資できるという制度を作りました。投資信託で儲かり、ポイントで儲かり・・・月5万円までなのですが、もっと枠を増やして欲しい!と思うほど、素敵なサービスです。楽天カードを持っていて、投資信託を考えるなら、ぜひ!!

 

3 なにを買うか:投資商品の選び方

面倒くさがりで、損をしたくない初心者の私が買ったのは、投資信託

ノーロード&インデックスという、手数料が激安なものです。

投資信託とは「株の定食」みたいなもの(笑)

ある株式会社の株を買うと、会社の業績によって、値上がりしたり、値下がりしたりします。

投資信託は、投資のプロが、たくさんの会社の個別株を集めて、より儲かるように、よりリスクが少なく運用できるようにと作ったもの。食事にたとえるなら、個別株が「鶏肉」で、投資信託が「鶏のからあげ定食」です。定食は味噌汁、ごはん、サラダなど副菜もついて、栄養バランスが良いですよね。しかも、プロの栄養士や調理師が作ると、さらに美味しく健康に良い食事になります。投資でいう定食が「投資信託」と初心者の私は理解しています。ど素人の私が、個別株を選ぶより、プロに任せよう。しかも、手数料もリスクも最小限にしようとすると、ノーロード&インデックスになります。

経済オンチで、数字嫌いな私

私は数字に弱く、どんぶり勘定です。トマト1個の値段は、高い安いが分かりますが、5桁以上の数字はぴんときません。経済ニュースも読みたくないし、興味もないです。そんな私でも投資信託なら、プロの力を借りて儲けさせてもらっている、ありがたいなあと思います。

しかも私は、面倒くさがり。オンライン証券にログインしたり、値上がり値下がりをチェックするのも面倒です。そういう面倒くさがりでも続けられたのは、積み立て設定にしたからなんです。毎月100円とか500円でも積み立てできるので、どんなものか、ためしにワンコイン積み立てから始めてみることをオススメします。

 

経済オンチでも理解できた私の教科書

「ノーロード&インデックス型の投資信託を、積み立てして、資産を増やす」この方法をドルコスト平均法といいます。


ご存知の方も多いでしょうが、これは、勝間和代さんの「お金は銀行に預けるな」で一斉風靡した方法です。100円で買えるキンドル版なら、あっという間に読めます。ドルコスト平均法を始めたら、100円は収益で十分回収できますよ♪長期でコツコツと積み立てていく方法は、安定志向の公務員にとても向いていると思います。短期で売り買いせず、長期で持つことが、資産が増える一番の秘訣です。

公務員は、慎重なのが良いところでもありますが、慎重すぎて進めないこともありませんか?値上がり・値下がりを見て、買うか買わないか迷っているうちに、何日も経って、忘れてしまって、収入を得られる機会を失ってしまいます。儲けたい、資産を増やしたいなら、100円でも500円でもさっさと始めるのがオススメです。

公務員が得意なのは調べること。

始めたら、面白くなってきて、投資の種類を増やしたり、市場や経済について詳しくなって、もっともっと資産を増やしちゃいましょう。昇給のほかに、収入が増える楽しみになりますよ!

4 最後に、もっと資産を増やすなら

ノーロード&インデックス投資信託も山ほど種類があります。最初は、どれを買えばいいの?と迷います。初心者公務員の私が参考にしているのは、

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018」

です。

投資信託は、プロが作る「株の定食」でしたよね。プロが作った定食を、長年たくさん食べ続けている「投信ブロガー」さんたちが、「この株定食は美味しいよ!オススメだよ!」という口コミランキングのようなものです。最新のランキングは2018年。私は、素直にランクインした商品を買います(笑)自力でお店を調べるより、口コミランキングを参考にしたほうが、時間もお金も節約になりますよ。

 

ドルコスト平均法で資産を増やすときに、オンライン証券の口座をNISA口座にしたり、IDECOを開設すると、非課税になって節税になり、さらにオトクです!その話は、別の記事を立てますね。

-副業

Copyright© 悔いのない人生を送ろう。 , 2019 All Rights Reserved.